スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流しのこと

追記から

今って役割理論=受け理論みたいな風潮ですよね?
確かにそう考えると「役割理論は廃れた」という意見にも納得出来るのですが自分はっそう考えていないので納得できません
自分は寧ろ「流し理論」と考えています
例を挙げて言うと自分:グライオン スターミー ハピナス(どくどく持ち)
相手:ヘラクロス ミロカロス サンダース
というパーティ構成だったとします
この場合自分が勝つにはグライvsヘラ、ミロvsハピ、ダースvsハピの状況を作りたいです
で、自分が作られて困る状況がグライvsミロ、ヘラvsハピ、スターミーvsダースの状況です
ポケモンは1対1が基本なので一つずつ有利な状況を作ります
この場合自分が勝つためにはヘラクロスを潰せばハピで残りの2体を倒せるのでまずはヘラクロスを潰さねばなりません
だから上記の自分が勝つための状況を作ります
しかし、ポケモンは交換を優先的に行えるようになっているため有利なポケモンを出しても逃げられてしまい、結果的にこちらが不利になります
そこで「交換読み」と言うものが出てきます
グライvsヘラでヘラの交換に合わせてギロチンを撃つ、ミロvsハピでヘラに流れるのを読んで大文字を撃つetc・・・
そんなこんなで流し合っていると必然的に交換読みが必要になり読めた方にリターンがきます
グライが燕撃ったのかハピが文字撃ったのかスターミーがサイキネ撃ったのかは知りませんがヘラを潰せたとします(何
その場合こちらは99%負けることはありません

↑が一般的な流しの過程です
受けポケがいながら一度も受けずに勝ちました(この場合ハピは特殊2体に対して封じの役割を持っています)
33であることを考慮しても受ける状況がなかったです
受けというのは無限に相手に対して優位な状況を保てますが相手もそんな状況をみすみすと見逃す真似はしません
必ず状況を打開できるポケに変えてきます
なので最近「受け」という概念が必要あるかどうかさえ分かりません(阿蘇
流しに回復性能を持たせただけのものですから

補足ですがドラゴンタイプ特徴として「流されにくい」ってのがあります
ドラゴンタイプは半減しにくいので後出しがきついので
後出しされなければ流されることはないです
だからマンダやガブリは強いのです



見直してみると63ばっかやってるってのがあちこちに見受けられますね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンバー

Author:ペンバー
札幌は嫌いじゃないです



チャット


夜になると現れます、不定期だけど
私は22時過ぎれば大体います


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。